2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

神山明追悼展「いい夢を見たかい」

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/06/15~2015/06/27

コバヤシ画廊企画室+ギャルリー東京ユマニテ[東京都]

3年前、還暦を前に亡くなった作家の追悼展。コバヤシ画廊は5点の大作を中心とする展示で、家型もあればテーブル型や舟型もある、いかにも神山らしい建築的な作品が並ぶ。あらためて見ると、家の内部には階段とかテーブルまでちゃんとしつらえてあり、じつによくできている。材質は杉にオイルステインを塗ったもので、画廊の床とほとんど見分けがつかない。ユマニテのほうは、高さ約2メートルの細長い六角錐が15点ほど林立していて、灯台のようだ。別の部屋には、白い紙をつなげて人を思わせるかたちにした晩年の立体作品もあって、これは初めて見る。最後に人のかたちに行き着いたのはなんでだろう。「うまく行けば、あと30年間、ぼくには制作の時間がある」と書いた数カ月後に死去。

2015/06/26(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ