2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

セッション

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

映画『セッション』を見る。確かに、手から血がにじみ出るほど、凄まじいドラムの練習シーンは、リアリズムの描写ではなく、かなり戯画的で、スポ根・マンガのようだ。特にラストの演奏が、ハイライトになる音楽バトルの映画だが、果たして天才を育てることは可能なのか、という教育論としても見ることができるだろう。もっとも、天才になるためには、常人の俗な生活をしていてはダメという極論を示しているのだが。

2015/06/01(月)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ