毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

Wien Die Perle des Reiches - Planen für Hitler

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/03/19~2015/08/17

ウィーン建築センター[オーストリア、ウィーン]

ミュージアムクォーターにあるウィーン建築センターへ。常設の展示は前と同じである。いつ訪れても、その国の建築の歴史を振り返ることができる展示があるのはうらやましい。日本には、それがないからだ。企画のエリアでは、建築やデザインの比重が高いウィーン・ビエンナーレ2015に合わせたラカトン&ヴァッサルらが参加した都市再開発のコンペを展示している。またドイツ帝国の「真珠」と呼ばれ、ヒトラー統治時のウィーンの建築・都市の企画展も開催していたが、資料も充実していた。この都市では、すでに彼好みの壮麗なリンクの建築群があり、鉤十字や鷹のシンボルを足すだけで風景が変化していたのは興味深い。それに飽き足らず、新規の建築群、交通・都市・住宅計画などさまざまなプロジェクトが動いていた。おそらく建築家にとっても魅力的な大改造だったのだろう。

写真:上から、ウィーン建築センター、ラカトン&ヴァッサルらが参加した都市再開発のコンペ

2015/06/19(金)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)