2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

Vienna Biennale 2015: ldeas for Change

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/06/11~2015/10/04

MAK(オーストリア応用美術博物館)、クンスト・ハレ・ウィーン、応用美術大学、ウィーン建築センター[オーストリア、ウィーン]

MAK(オーストリア応用美術博物館)は、ウィーン・ビエンナーレ2015のメイン会場であり、「変革のためのアイデア」を全体テーマとし、「フューチャー・ライト」「マッピング・ブカレスト」「不揃いの成長」などのテーマ別の展示を行なう。あいちトリエンナーレ2013のダン・ペルジョブスキ、ワリッド・ラードも参加している。「不揃いの成長」展のパートは、年末にMoMAで見た企画の巡回であり、同館の学芸員のペドロがキュレーションしたもので、成長する超巨大都市に対する建築家たちの提言を紹介する。これと並ぶように、ウィーンの未来を考える、スマートライフ・イン・ザ・シティ2051のアイデア集が展示されていた。ただ、MAKの白眉は、やはり世紀末から20世紀初頭の家具・工芸のデザインの常設展示である。ワグナー、オルブリヒ、モーザー、ホフマン、ロースほかの作品をまとめて鑑賞できるからだ。また影でさまざまな椅子のシルエットを見せる通路を設けた歴史主義/アールヌーボーの美しい展示手法は、昔と同じままだった。

写真:左=《MAK》、右上から「フューチャー・ライト」、「マッピング・ブカレスト」、「不揃いの成長」、スマートライフ・イン・ザ・シティ2051のアイデア集

2015/06/20(土)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ