2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

カール・エーン《カール・マルクス・ホフ》/オットー・ワグナー《ヌスドルフ水門》

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

[オーストリア、ウィーン]

竣工:1930年/1898年

社会主義的な色彩が強いプロジェクトの《カール・マルクス・ホフ》へ。学生のとき以来だから、四半世紀ぶりの訪問である。変わらず、駅前に普通に建っていた。複数の街区を横断する巨大な建築連続体=集合住宅であり、天理教のおやさとやかた計画にも似ている。次にワグナーによるヌスドルフの堰と橋を見学した。これは美しい土木デザインである。

写真:上(2枚)=《カール・マルクス・ホフ》、下(2枚)=《ヌスドルフ水門》

2015/06/21(日)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ