毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

杉戸洋 展「天上の下地」

2015年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/05/02~2015/07/26

宮城県美術館[宮城県]

絵画作品は、静岡のビュフェ美術館と同様、家型のモチーフが多い。また1990年代に、9.11を予感するような絵を描いていたことも発見だった。今回の展示は、空間に大きく介入し、あいちトリエンナーレ2013で青木淳と共同で美術館をリノベーションしたプロジェクトの展開形と言えるだろう。おそらく普段の展示室を知っているほど、その空間の変化を強く感じるはずだ。自転車置き場や柱など、前川國男の宮城県美の再解釈もいろいろとあり、それを見つけるのも楽しい。

2015/06/30(火)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00030273.json l 10113038

2015年07月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)