2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

中島麦「カオスモス ペインティング」

2015年08月01日号

twitterでつぶやく

会期:2015/06/29~2015/07/11

GALLERY AMI-KANOKO[大阪府]

大阪・千日前の、酒場や風俗店が居並ぶ界隈に位置するGALLERY AMI-KANOKOで、中島麦が個展を開催した。彼が近年手掛けている《カオスモスペインティング》は、カラフルなドリッピング作品と単色の作品を、一対あるいは複数の組み合わせで構成した絵画シリーズである。中島は同作を、1階のホワイトキューブと2階の床の間に配置。絶妙なバランス感覚を発揮して、この場でしかありえない美しい空間を創出した。特に床の間の展示が素晴らしかったが、これは和室の基本単位である3尺×6尺を基に作品サイズを定めたことが奏功したと思われる。また本展では、画廊周辺の店舗や廃屋にも作品が掛けられた。画廊(あるいは美術)という制度の境界をなし崩しにするこの試みも、千日前の猥雑な土地柄と相性が良く、とても効果的だった。

2015/06/29(月)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2015年08月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ