2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

ロベール・ルパージュ作・演出「Needles and Opium 針とアヘン──マイルス・デイヴィスとジャン・コクトーの幻影」

2015年11月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/10/09~2015/10/12

世田谷パブリックシアター[東京都]

ギミックたっぷりの作品だ。すなわち、プロジェクション・マッピング×さまざまに開口が仕掛けられた回転するキューブの空間×重力に抗う俳優の動きによって、観客を驚かせる。会期中に建造物が回転することで、機能を変えていく、OMAのトランスフォーマーを思い出した。ただし、マイルス・デイヴィスとジャン・コクトーを交差させる物語は、思ったほどの説得力を感じなかった。

2015/10/09(金)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2015年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ