2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

ここに棲む──地域社会へのまなざし

2015年11月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/10/09~2016/01/12

アーツ前橋[群馬県]

アーツ前橋の「ここに棲む」展へ。地域をみつめるというテーマで、建築家とアーティストが混じった構成だが、自作を並べるのではなく、その態度に焦点を当てており、意外と、あまり見たことがないやり方だった。建築家のプロジェクトを列挙すると、アーツ前橋を設計した水谷俊博のスタディに始まり、藤野高志の模型キメラ、EUREKAのフィールドワーク、藤本壮介による森/建築モデルが続く。そして後半は、乾久美子による空間や家具の使われ方の観察、アトリエ・ワンと福祉のコラボレーション、ツバメアーキテクツが提唱する新しい住まいモデルである。「3.11以後の建築」展と同様、地域に寄りそう建築の新しい動向をうかがえる。また展覧会に併せて『ぐんま建築ガイド』の書籍も制作された。このような美術館を核に地元の建築を見直す動きが、日本各地で起きるとよいと思う。

写真:左上=藤野高志、左下=藤本壮介、右上=展示会場、右中=屋外企画、右下=ツバメアーキテクツ

2015/10/26(月)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00032743.json l 10116761

2015年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ