2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

佐藤克久「…けれど難しい事に、実はそれらすべてをすっかり忘れた時に出来るのである。このようにして描かれたものが傑作である。」

2015年11月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/10/03~2015/11/07

児玉画廊[東京都]

恵比寿から徒歩徒歩と白金へ。意外に近い。白いキャンバスの四隅だけ絵具を盛り上げたり、黒地に白い線を引いたように実は白い線を残して黒く塗ったり、キャンバスの下辺と上辺を底辺として三角形を描いて重なる部分に色を重ねたり、あるいはマンガや記号のような絵もある。絵画の可能性をあらゆる方法で試そうとしている、というより、可能性を一つひとつつぶしていってるようにも見える。これは無限に楽しくてツライ作業だ。

2015/10/13(火)(村田真)

▲ページの先頭へ

2015年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ