2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

黄金伝説 展──古代地中海世界の秘宝

2015年11月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/10/16~2016/01/11

国立西洋美術館[東京都]

地中海周辺に花開いたギリシャ、ローマ、トラキア、エトルリアなどの古代文明の金の装飾品がズラッと並ぶが、金にも装飾にも関心のない者には豚の耳に小判で、へーそーですかってなもんだ。関心があるのはギュスターヴ・モローの《イアソン》をはじめとする絵画。クリムトの《人生は戦いなり(黄金の騎士)》も出ているが、こちらは金箔が貼ってあるだけで絵としては平面的だし。どうせなら国内で調達せず、《ダナエ》か《ユディットI》か《パラス・アテナ》を取り寄せてほしかった。いや《接吻》でも《アデーレ・ブロッホバウアーの肖像I》でもいいけど。ちなみにダナエの絵も出てるが、自館所蔵のマルカントニオ・バッセッティという初耳な画家によるもので、ほとんど黄金の雨が目立たない。ティツィアーノかレンブラントみたいにハデに黄金の雨を降らせてくれよお。

2015/10/15(木)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00032571.json l 10117175

2015年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ