2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

KAFS03『多拠点性・多領域性』

2016年01月15日号

会期:2015/12/06

カマタ_ブリッヂ[東京都]

KAFS03『多拠点性・多領域性』のプログラムで、ミニレクチャーを行ない、その後、今後の展開を考えるワークショップに参加する。道路に面した一階が会場であり、ブルーシートと同様、屋外の寒さを感じながらの開放的な空間だった。リノベーションした物件を建築家らのシェア・オフィスとしつつ、ファブラボ的な機能をもたせ、蒲田の町工場との連携も計る。フューチャー・セッションでは、「宣言」の三か条を担当し、とりあえず以下の項目をまとめる。(1)街の異物であり続けること(おしゃれでもなく、ヘンに溶け込まない)、(2)街を着火し、世界を炎上させよ(廃材を銭湯に譲ったり、創作や町工場の潜在力を外に発信する)、(3)でも、迷惑をかけないこと。

2015/12/07(月)(五十嵐太郎)

2016年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ