2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

廣江友和「Hellish Toy Story──地獄草紙より」

2016年01月15日号

会期:2015/11/20~2015/12/05

メグミオギタギャラリー[東京都]

《地獄草紙》に描かれた火炎をモチーフに、フィギュア風の兵隊を立体的に描き加え、やまと絵のフラットな表現と西洋の3次元的描写を共存させている。壁には火炎と鳥獣戯画風の動物たちを直接描いた壁画も。奇妙なのは、絵全体をビニールでぴったり包んでいること。画面を守るためのニス代わりらしいが、なんか工業製品みたい。それはともかく、この展覧会を見に行ったのは、DMにも使われていた藤田嗣治の《アッツ島玉砕》のパロディがあったから。《アッツ島玉砕》に描かれた兵士たちを地獄草紙の餓鬼どもとフィギュアの兵士に置き換えたもので、立体感のあるフィギュアが米軍、平坦な描写の餓鬼どもが日本軍か。いまや《アッツ島玉砕》も気軽にパロれる素材になったようだ。というわけで、今日は藤田特集でした。

2015/12/01(火)(村田真)

2016年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ