2018年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

第8回恵比寿映像祭「動いている庭」

2016年03月15日号

会期:2016/02/11~2016/02/20

ザ・ガーデンホール、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンシネマ、日仏会館、STUDIO38、恵比寿ガーデンプレイスセンター広場ほか[東京都]

第8回恵比寿映像祭「動いている庭」へ。ロバート・スミッソンのマンハッタンを周遊する浮庭とアスファルトを傾斜に流す作品は、個人的に好みである。銅金裕司のアリジゴク砂絵は、その小さな箱庭感が日本ぽい。中谷芙二子の霧とクワクボリョウタの影の作品は、もはや鉄板である。一方、ビデオアース東京は、アートの名のもとに弱者=橋の下のホームレス男性を突撃取材する映像であり、昔の作品だが、微妙だと思う。

2016/02/17(水)(五十嵐太郎)

2016年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ