2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

artscapeレビュー

魔女の秘密展

2016年03月15日号

会期:2016/02/19~2016/03/13

ラフォーレミュージアム原宿[東京都]

西洋の魔女に関する資料を集めているというので意外に面白いのではと思って足を運んだが、焦点がボケており、内容も不十分だった。会場が美術館でないから、貸し出せる絵画の質が低いのは仕方ないにしても、魔女裁判の再現映像とかは、ヘタな現代アート風である。ただし、拷問する器具の迫力はあった。フェルメールがタイトルにある展覧会は彼の1点とその他同時代のオランダ絵画多数の構成になるしかないが、森アーツセンターの「フェルメールとレンブラント」展は、「魔女の秘密」展の直後なだけに安心して見られる。ただし、レンブラントも1点のみだった。大文字としての宗教画や歴史画ではない、サブカルチャー的な題材の絵が発展した17世紀オランダのおさらい的な内容である。

2016/02/29(月)(五十嵐太郎)

2016年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ