2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

artscapeレビュー

毛利そよ香展

2016年04月01日号

会期:2016/03/12~2016/03/17

ギャラリー島田deux[兵庫県]

地面の下で根を伸ばす地下茎の姿を、鉛筆の細密な線と土、顔料などで描き出す毛利そよ香。地下茎は、目には見えぬが人間にとっては必須の要素、例えば無意識の世界を象徴しているのであろうか。本作でもそうした絵画作品が多数展示されたが、一部の作品にはこれまでになかったあざやかな色遣いが見られ、地上の風景が描かれていた。まるで彼女のなかで蓄積されてきたエネルギーが臨界点に達し、地上に解き放たれる寸前まで達しているかのようだ。次の個展で作風が一変するとまでは言わないが、何か大きな変化が起こるのではないか、そんな兆しをはっきり感じた。

2016/03/12(土)(小吹隆文)

2016年04月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ