2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

《山梨県立美術館》《山梨県立文学館》

2016年05月15日号

[山梨県]

前川國男による山梨県立美術館は、同じ頃に手がけた宮城県美術館と似て、浅いヴォールトを反復し、吹抜けでL字に階段を登る。その向かいにある山梨県立文学館は、大宇根建築設計事務所が手がけ、1989年に竣工した。師匠の前川のヴォールトや外壁のテクスチャーを意識しつつ、装飾的な要素や大空間が特徴的である。確かに、いまとは違い、公共施設にお金が使えて、ポストモダンが流行した時代の息吹が刻み込まれた建築だ。

写真:左=《山梨県立美術館》 右=《山梨県立文学館》

2016/04/23(土)(五十嵐太郎)

2016年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ