2017年12月15日号
次回1月15日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:S/N×ガールズ・アクティビズム パフォーマンス『S/N』記録映像上映&トーク

2016年08月15日号

会期:2016/09/10~2016/09/11

同志社大学 寒梅館 クローバーホール[京都府]

7月、古橋悌二《LOVERS》の展示期間中に行なわれたダムタイプの作品上映会で、『S/N』(1994年初演)を見逃した方へ。ゲイや障碍者といったマイノリティの問題を扱っていると考えられることが多い『S/N』だが、記録映像の上映と合わせたトークでは、「女性のセックスワーカー」「パスポートコントロールを受ける日本人女性」が作中に登場することに焦点を当て、「女性」という視点から『S/N』を考える予定だという。弾丸のように繰り出されるテクストの投影、モノローグ/ダイアローグの挿入など、情報量の多さとあいまって、見る度に新たな思考を触発する『S/N』とともに拝聴したい。

2016/07/31(日)(高嶋慈)

2016年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ