2017年12月15日号
次回1月15日更新予定

artscapeレビュー

宮間夕子個展 神秘も狂気も太陽の渦

2016年08月15日号

会期:2016/07/09~2016/08/06

マサタカコンテンポラリー[東京都]

東京駅にほど近いマサタカコンテンポラリーへ。以前、別のギャラリーが入っていたビルの地下だが、降りていくとSansiao Galleryというのがあって、一瞬間違えたかなと思ったら、その奥に宮間夕子の作品と本人を発見。宮間は何度かBankARTのスタジオで制作したことがあり、そのとき描いていた幅4メートル近い大作を中心に展示している。彼女が描くのは魔女ランダのようなアジアの神や精霊であり、その神秘的なエネルギーであり、その力を呼び起こす長い髪や装身具だ。綿布に白亜を塗ってフラットにした上に、油彩とテンペラで丁寧に描いている。奥の細長い部屋には、サラッと描いた下描きの線描を赤い紙にコピーして切り抜いたものが数百枚、壁に貼られている。これを見ると達者な線描であることがわかる。

2016/07/23(土)(村田真)

2016年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ