2017年12月15日号
次回1月15日更新予定

artscapeレビュー

吉野英理香「NEROLI」

2016年08月15日号

会期:2016/07/09~2016/08/06

タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム[東京都]

タイトルの「NEROLI」というのは、「ビターオレンジの花から抽出されたオイル」のこと。「花の蜜に、木の皮や、葉の香りが入り混ざった複雑な香りがする」のだという。吉野が自分の写真を「複雑な香り」に喩えるのは、とても的を射ていると思う。彼女の写真は、身近な日常にシャッターを切っているにもかかわらず、さまざまな視覚的、触覚的、そして嗅覚的な要素が絡み合い、じつに複雑なハーモニーを奏でているからだ。その志向は、やはりタカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルムで展示された前作の「Digitalis」(2012)から一貫しているが、「2011年から2014年に撮影された作品群」から成る今回の展示では、より洗練の度を増してきた。
鏡、水面、植物、自動車のボディ、あるいは写真や文字といった被写体は、ほぼストレートに撮影されている。にもかかわらず、そのたたずまいがどこか非現実的に見えるのは、画面の中に小さな罠が仕掛けられているからだろう。特に効果的なのは光の反射とボケで、それらの視覚的な操作を的確に使いこなすことで、見慣れた場面が神秘的で謎めいた舞台装置に見えてくる。一枚一枚の写真が映し出している情景に小さな物語が含み込まれていて、それらを繋いでいくと「パッションや偶然性、そして、掴むことのできない大切な、かけがえのない瞬間」が連なる、神話的と言っていいような構造が浮かび上がってくるのだ。
なお展覧会にあわせて、赤々舎から同名の写真集が刊行された。今回の展示作品だけでなく、「Digitalis」のシリーズも含む構成だ。端正な造本のページをめくると、いい匂いが立ち上ってくるように感じる。

2016/07/13(水)(飯沢耕太郎)

2016年08月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ