2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

あいちトリエンナーレ2016 虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅

2016年09月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/08/11~2016/10/23

穂の国とよはし芸術劇場PLAT[愛知県]

豊橋会場は、芸術劇場に設置された大巻伸嗣さんのデカイつぼが目玉だろう。そのほか、水路上に建設され、えんえんと800m続く水上ビルのあちこちの空店舗に作品が挿入される。鳥が100羽いるラウラ・リマの空間、マルティネスのセメント袋でつくった雑誌、クルングレヴィチュスの音とテキストなどが強烈である。あいちトリエンナーレ2016は、三都市に会場が拡大し、8つのミニ企画展と言うべきコラム・プロジェクトの新設などによって、作家数も増えている。最低でも一泊を覚悟しないと、ちゃんと全体をまわることはできないだろう。豊田市美術館の杉戸洋展など、同時開催のさまざまな美術展も見逃せない。

写真:左=上から、大巻伸嗣、マルティネス 右=上から、ラウラ・リマ、水上ビル

2016/08/11(木)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2016年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ