2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

《大分市アートプラザ》ほか

2016年09月15日号

twitterでつぶやく

[大分県]

東北大の五十嵐研のゼミ合宿で大分に移動する。最初は磯崎新のミュージアムとなった《大分市アートプラザ》を元所員の吉野弘さんの案内でまわり、貴重な話をうかがう。開催中の三沢厚彦展は、リアルとイメージのあいだに位置づけられるキャラ的な動物彫刻が集合し、空間との対話も試みる。続いて、《岩田学園》へ。磯崎の初期作品となるマッシブなコンクリートの校舎から青木淳が担当したポストモダンの体育館や学生寮まで、教頭先生に面白く解説していただく。

写真:左=上から、《アートプラザ》《岩田学園学生寮》《岩田学園体育館》 右=《岩田学園》

2016/08/27(土)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2016年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ