2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

椋本真理子 個展「リゾート」

2016年09月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/07/30~2016/08/14

RISE GALLERY[東京都]

次、学芸大学から徒歩10分、ライズギャラリーへ。会場にはポップな色調に彩られた抽象的な彫刻やレリーフが並んでいる。これらはダムやリゾート地の一部をえぐりとり、なかば抽象化してFRPなどで立体化したもの。例えば凹凸面に緑、水平面に水色を塗った立体はダムの一部だとわかる。が、リゾートのほうは緑、赤、ピンクが混在するより抽象的な形態になっているので、一見わかりにくい。そもそもなぜダムとリゾートなのかといえば、どちらも自然環境を変えてしまう巨大な人工物だから。特にリゾート施設はダムみたいにあからさまに暴力的ではなく、自然に溶け込もうとしている点でいっそう悪質だと作者はいう。なるほど、だからわかりにくいのか。それだけ表現力が試されることになる。

2016/08/03(水)(村田真)

▲ページの先頭へ

2016年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ