2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

会田誠 展「はかないことを夢もうではないか、そうして、事物のうつくしい愚かしさについて思いめぐらそうではないか。」

2016年09月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/07/06~2016/08/20

Mizuma Art Gallery[東京都]

コンビニ弁当のプラスチック容器を支持体に見立て、着色した発泡ウレタンを塗布した「絵画」。それが重い鉄のドアを開けるとすぐに始まり、そのまま一直線にギャラリーをグルッと一周している。奥の小部屋の2段掛け3段掛けも含めれば50点以上ある。たまに同じ容器(支持体)もあるが、中身(色彩と形態)はすべて違う。コンビニ弁当をモチーフにした作品はこれまでいくつか見たことあるが、もともと容器自体3つか4つに仕切られ、抽象レリーフのように見えないこともない。その容器の色に合わせてけっこう周到に発砲ウレタンの色が選ばれている。幾何学的抽象と有機的形態の合体、食物容器に食べられないもの(ウレタンの形態はウンコを連想させる)の対比、大量生産と手作業、チープな素材の割にリッパな価格、など考えるところの多い作品だが、パッと見て思い出したのは岡崎乾二郎の《あかさかみつけ》だったりする。長ったらしいタイトル(岡倉天心からの引用らしい)もそれっぽいし。

2016/08/19(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

2016年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ