2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

2016年09月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/07/13~2016/10/10

国立新美術館[東京都]

ヴェネツィアのアカデミア美術館所蔵作品を中心とする展示。アカデミア美術館にはビエンナーレに行くたびに訪れるが、ウフィツィやヴァチカンに比べれば質量ともにかなり見劣りする。ヴェネツィア絵画を代表するティツィアーノはプラドをはじめ各国に分散してるからもともと少ないし、ティントレットはあるけど代表作はサンロッコ同信会館に集中してるし、自慢できるのはジョヴァンニ・ベッリーニ、カルパッチョ、それにジョルジョーネの《嵐》とヴェロネーゼの《レヴィ家の饗宴》くらい。もちろん今回は《嵐》も《レヴィ家の饗宴》も来てないけど、ベッリーニとカルパッチョは小ぶりながら特徴を備えた佳品が1点ずつ出品されている。ティツィアーノは2点あるけど、大作《受胎告知》は美術館ではなくサン・サルヴァドール聖堂から拝借して来たもの。でもこれ借りちゃったら祭壇は空っぽ? 出品点数は計57点と控えめで、なんだかヴェネツィア的な華やぎに欠けるなあ。

2016/08/31(水)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00035941.json l 10127528

2016年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ