2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

柳原良平 海と船と港のギャラリー

2016年11月01日号

会期:2016/08/20~2016/11/06

横浜みなと博物館[神奈川県]

今年4月1日、2015年8月17日に亡くなったイラストレーター・柳原良平(1931-2015)の油彩画、切絵、イラストレーションなど4,848点が横浜市に寄贈された。本展はその中から主に船や港に関する作品約150点を展示する企画。柳原は小学生の頃から船が好きで船の絵を描いていたという。1968年には至誠堂から『柳原良平の船の本』を出版。色紙を使った切絵からはじまり、やがて油彩、リトグラフへと表現のスタイルを拡げていった。柳原が壽屋(現・サントリー)時代に産みだしたキャラクター、アンクルトリスに代表されるように、彼が描く人物は二頭身。船は寸詰まりにデフォルメされたり、スケールが極端に強調されたりしているが、その描写が正確な知識に裏づけられたものだということも本展で知った。子供の頃に柳原良平のイラストレーションに魅力を感じたのは、描かれているものが細部に至るまで正確だったからだということにいまさらながら気がつかされた。また、柳原が描くイラストレーションで、色面の輪郭がとてもシャープなのは、カミソリで紙を切って貼る切絵の手法ゆえということも、恥ずかしながら本展で知った。大学時代に柳原が上野リチから学んだ手法がそのヒントになったのだという。[新川徳彦]

2016/10/08(土)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00036659.json l 10128857

2016年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ