世界遺産 ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

世界遺産 ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画

2016年11月15日号

会期:2016/11/01~2017/02/19

国立科学博物館[東京都]

「ラスコー展 クロマニョン人が残した洞窟壁画」@国立科学博物館の内覧会へ。考古学のモノもいろいろフランスから持ち込まれているが、うねうねとした洞窟の内部ものぞける1/10模型がデカいこと。そして、洞窟の一部を精密な1/1のレプリカで再現した空間が、建築的な視点から見たときのハイライトである。これが2万年前に人類が体験した闇の空間だと思うと感慨深い。写真ではわからない、激しい凹凸に壁画が描かれたこともよく理解できる。

2016/10/31(月)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00037473.json l 10129072

2016年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ