2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

フィールドオフィス・アーキテクツ+ 聲遠の作品群(羅東鎮)

2017年02月15日号

宜蘭県[台湾、宜蘭県]

鉄道にのって、隣の都市へ。フィールドオフィス・アーキテクツ+ 聲遠の代表作である羅東文化工場は、想像以上にデカイ。ダイナミックな大屋根に細長いギャラリーを斜め方向に吊り、その下に階段や舞台、展示室、藤森照信の茶室などがある。壮大な広場だ。大阪万博の大屋根に挿入されたユニットを歩くのも、こんな感じだったのだろうか。
最後は羅東の樟仔園歴史物語公園へ。縫製工場の屋根を移設しつつ、公園にリズミカルな屋根を設け、周囲の孔子廟や教会などと連結する場をつくる。フィールドオフィス・アーキテクツによる新築は必ずしも多くないが、都市の隙間をつなぐような仕事を継続的に発見/創造する。ある意味では、卒計ならできるよね、といった類いのデザインを本当に実現しているというべきか。

写真:左上2枚=《羅東文化工場》 左下=藤森照信の茶室 右上=《羅東文化工場》 右下2枚=《樟仔園歴史物語公園》

2016/12/31(土)(五十嵐太郎)

2017年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ