2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:江之子島芸術の日々2017「他の方法」

2017年03月01日号

会期:2017/03/10~2017/03/19

大阪府立江之子島文化芸術創造センター、フラッグスタジオ、マークスタジオ[大阪府]

いまや日本全国に波及した感のある「地域アート」。それを肯定も否定もせず、しかし「他の方法」もあるのではないかと提案するのが本展である。会場は、公立のアートセンターと2棟のマンション。少なからぬ日本人が住処とする住宅環境に作品を配し、日常を新たな視点から見つめ直すきっかけにしようというのだ。参加作家は、佃弘樹、木村充伯、彦坂敏昭、村田宗一郎、杉山卓朗など、東西の若手作家10名。彼らが制作したさまざまなジャンル、傾向の作品を生活の場に挿入することにより、従来の地域アートが標榜してきた「町おこし」や「観客参加」とは異なるアートと日常の関係を問い直そうというのだ。展覧会自体はもちろん、会場ツアーやワークショップなど関連イベントも充実しており、新タイプの都市型アートプロジェクトとして注目したい。

2017/02/20(月)(小吹隆文)

2017年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ