2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

artscapeレビュー

《グエル公園》《ガウディの家博物館》ほか

2017年06月01日号

[スペイン]

昔の感覚で《グエル公園》に行ったら、有料ゾーンはだいぶ先まで予約が埋まっているために入れず。本当に時間指定入場のテーマパークになってしまった。公園だから昔は誰でも好きに入れたはずである。仕方なく晩年にガウディが住んでいた家を見学する。テラスから《サグラダ・ファミリア》がよく見えるが、高齢になったガウディにとって、現場への通勤はすごい坂道で大変だったのではと想像する。その他、街中のガウディ関係では、《カサ・ビセンス》とロベルト博士のモニュメントは修復工事中で覆いがかかる。《カサ・カルベ》は外観を見学したが、周囲にも同時代の興味深い建築がいろいろと残っている。

写真:上=《グエル公園》 中・下=《ガウディの家博物館》

2017/04/03(月)(五十嵐太郎)

2017年06月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ