2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

ジャン・ヌーヴェル《ポブレ・ノウ中央公園》、エンリック・ミラージェス&ベネデッタ・タリアブーエ《ディアゴナル・マル公園》ほか

2017年06月01日号

[スペイン]

ジャン・ヌーヴェルによる工場跡地の公園やミラージェスの手がけた公園などを過ぎると、海辺の新しいエリアはさすがに現代建築の見どころが多い。例えば、マテオのコンベンションセンター、ヘルツォーク&ド・ムーロンの巨大な《フォーラムビル》(当初のクラインブルーはだいぶ色褪せていた)、EMBAによる白いビル、《ディアゴナル・ゼロゼロ》、FOAが手がけた海浜公園のランドスケープ、カッコいいラペーニャの土木スケールの太陽光発電の建築とエスプラネードなどである。

写真:左上から、《ポブレ・ノウ中央公園》、コンベンションセンター、《フォーラムビル》、ラペーニャの太陽光発電の建築
右上から、《ディアゴナル・マル公園》、《フォーラムビル》、《ディアゴナル・ゼロゼロ》、海浜公園

2017/03/30(木)(五十嵐太郎)

2017年06月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ