2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

マリアの首 ─幻に長崎を想う曲─

2017年06月15日号

会期:2017/05/10~2017/05/28

新国立劇場[東京都]

戦争の記憶がまだ残っている時期ゆえに、切実につくられた田中千禾夫の名作を小川絵梨子が演出し、鈴木杏らが出演した舞台である。原爆が投下された長崎において、それぞれの事情を背負い、生きていく女たち。とりわけ圧巻なのが、雪が降る夜、破壊された浦上天主堂に集まり、転げ落ちたマリアの首を保存しようと集まる、美しいラストシーンだった。

2017/05/17(水)(五十嵐太郎)

2017年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ