2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

OSIRIS Egypt’s Sunken Mysteries

2017年06月15日号

会期:2017/02/10~2017/07/16

リートベルク美術館[スイス]

庭園内にあるリートベルク美術館へ。19世紀の本館の横に、装飾的なパターンを伴うガラスのエントランスをもつ、アルフレット・グラジオーリとアドルフ・クリーシャニッツの設計による新館をつくり、地下で両者をつなぐ。その背後に鹿の頭の剥製風彫像が中央につく建物があり、ちょっとジャン・ジャック・ルクーの空想建築風で驚く。リートベルク美術館は、非西欧系のアートを展示する施設である。常設は時計回りに中国、日本と並ぶが、その次がコンゴなどのアフリカにいきなりジャンプしていた(東南アジアやインドは別棟)。が、普通は横に置かないエリアを隣接させていただけに、平面的な表現を洗練させる日本美術と、荒々しいが、抽象的な立体の造形操作に優れたアフリカの違いがはっきりとわかって興味深い。展示のための什器はクールなデザインであり、ガラスケースで見せる収蔵庫も楽しい。企画はオシリス/エジプト展を開催し、神話の基本知識から最近の研究成果までを扱う。石の彫像の丸みを帯びた表面はつるつるのままで、本当に劣化しない最強の素材である。別館では、インドの細密画を紹介している。

写真:左上から=リートベルク美術館本館、ジャン・ジャック・ルクー風の建築、展示のための什器 右上2枚=新館 右下=収蔵庫

2017/05/14(日)(五十嵐太郎)

2017年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ