2018年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

熊谷聖司「EACH LITTLE THING」

2017年07月15日号

会期:2017/06/28~2017/07/30

POETIC SCAPE[東京都]

Bunkamuraザ・ミュージアムで開催された「写真家ソール・ライター展」(4月29日~6月25日)が、総入場者数8万3000人を超えるという大成功をおさめたということを聞き、熊谷聖司のことを思い出した。熊谷はかつてソール・ライターのカラー・スナップ写真を絶賛していたのだが、それは彼の写真が日本で広く知られるようになるよりもずっと前のことだったのだ。
そういわれると、特に今回POETIC SCAPEで展示された「EACH LITTLE THING」のシリーズの雰囲気は、ソール・ライターの写真とよく似ている。縦位置、画面を色面で分割するやり方、ガラスの写り込み、ピントのぼかし方などがそうだ。何よりも共通性があるのは、被写体に対する向き合い方だろう。肩の力を抜いて街を歩き、目についたものを手早く、的確に切りとり、回収していく。以前から熊谷の写真のたたずまいは俳句のようだと思っていたのだが、ソール・ライターの写真も同じように感じる。「写真家ソール・ライター展」では、日本の浮世絵の影響が話題になったのだが、もしかするとソール・ライターは俳句にも深い関心を寄せていたのではないだろうか。とはいえ、熊谷のスナップ写真にはソール・ライターとはまた違った独特の間の取り方があらわており、このシリーズも回を重ねるごとにその飄々とした持ち味が充分に発揮されるようになってきた。
展覧会に合わせてまとめてきた、22枚の写真入りの小冊子『EACH LITTLE THING』は、今回#07と#08が刊行された。すでに来年、POETIC SCAPEで、締めくくりの展覧会が開催されることが決まっており、そこで#09、#10が刊行されて完結の予定だという。それぞれ色違いのカラフルな表紙の写真集(デザイン=高橋健介)が、10冊並んだときにどんなふうに見えるのかが楽しみだ。

2017/06/30(金)(飯沢耕太郎)

2017年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ