2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

田中大輔「火焔の脈」

2017年07月15日号

会期:2017/06/20~2017/07/07

ガーディアン・ガーデン[東京都]

田中大輔は2016年の第15回写真「1_WALL」展のグランプリ受賞者。その時は、老いた象の皮膚を撫でるように撮影した映像作品が中心だったのだが、今回の受賞者個展では、写真作品23点と映像作品のモニター2台を、壁面にすっきりと並べて展示していた。
審査員の一人であるグラフィック・デザイナーの菊地敦己が、展覧会カタログのテキストに記しているように、田中の「深くゆっくり動く視線は切実で優しく、そして執拗だ」。それは視覚のみならず、「全身で追体験する」ように観客を巻き込んでいく。被写体は森や草むら、人の身体の一部、燃え残った炎など、日常的な事物の断片であり、とりたてて特別なものが写っているわけではない。にもかかわらず、画像に魅入られて、息を詰めて見続けてしまうような奇妙な引力が備わっている。菊地が言うように、「これは確かな才能」だろう。
むろん、田中のその「才能」は、まだ充分に開花しきっているわけではない。断片的なイメージをつないでいく見えない糸は、もっとしっかりと結び合わされていかなければならないだろう。言葉を的確に使う能力もあることは、「火焔の脈」というポエティックな膨らみのあるタイトルがよく示しているが、写真と言葉との関係のあり方もまだ曖昧なままだ。もうひと回りスケールの大きな、「純文学」としての作品世界を確立させていくには、むしろ次のステップが大事になる。展覧会でも写真集でもいいが、この「火焔の脈」のシリーズを、最後まできちんとまとめきってもらいたい。

2017/06/29(木)(飯沢耕太郎)

2017年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ