2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

ピエール・スーラージュ展

2017年07月15日号

会期:2017/06/07~2017/08/19

ギャラリーペロタン東京[東京都]

パリを本拠にするギャラリーペロタンが、香港、ニューヨーク、ソウルに続いて六本木に東京店をオープン。海外の有力ギャラリーの出店は、その都市のアートマーケットの成熟度を知るバロメーターにもなるから、アジアでは香港とソウルに先を越されて悔しがるべきか、それとも上海やシンガポールより早かったと胸をなでおろすべきか。なんてことに一喜一憂してる場合じゃないけどね。場所は六本木ヒルズや小山登美夫ギャラリーの近くで、ワコウ・ワークス・オブ・アートやオオタファインアーツも入ってるピラミデの1階。まあここらへんは森ビルの傘下だからな。エントランスには村上隆からの花も。
オープニング記念展は戦後フランスを代表する画家の一人、ピエール・スーラージュ。アンフォルメルの時代から頭角を現わし、日本でも西武美術館をはじめ何度か個展が開かれてきたが、驚くことにまだ健在で、今年98歳になるそうだ。そういえば4半世紀ほど前にパリのギャラリーでたまたま彼の個展に出くわしたことがあるが、ほかに客が一人もおらず、彼の時代がとっくに過ぎ去ったことに感慨を抱いたものだ。それが東京店のオープニングを飾るとは、いまの具体やもの派のリヴァイヴァルと同じく50-60年代の美術が再評価されてるせいだろうか。作品はすべて黒一色に塗り込めた絵画で、縦横斜めにタッチを入れたり、点状にマーキングしたりしたもの。スーラージュはこれまで何度も来日し、1992年には高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。今回は『スーラージュと日本』という画集も出すというから、日本との接点を強調して売り込もうってか。

2017/06/08(木)(村田真)

2017年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ