2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

性欲スクランブル

2017年07月15日号

会期:2017/04/30~2017/10/09

クシノテラス[広島県]

アール・ブリュットで知られる鞆の津ミュージアムから独立したキュレーターの櫛野展正が昨年立ち上げたギャラリー、クシノテラスへ。いまや制度化されるアール・ブリュットから逃れていくアウトサイダーのアウトサイダーだけあって、エロをテーマにした「性欲スクランブル」展も「性」と「生」がせめぎあうド迫力の内容だった。注目すべきは、地元の広島から、人知れず「性」を創作につなげる活動を続けている逸材を発見し、半田和夫、城田貞夫らの仕事を紹介していること。普通にアート業界にいても絶対に出会わない人たちだ。

写真:上=城田貞夫 下=半田和夫

2017/06/26(日)(五十嵐太郎)

2017年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ