2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

超絶記録!西山夘三のすまい採集帖

2017年08月01日号

twitterでつぶやく

会期:2017/06/09~2017/08/22

LIXILギャラリー大阪[大阪府]

建築学者/西山夘三(1911-1994)の都市における「庶民住宅」研究の様相を、彼が残した調査資料から探る展覧会。西山は京都帝国大学建築学科入学から院生時代以来、建築計画に加えて「住宅の科学的、社会的考察」を目的として、積極的に町歩きを行った。彼はカメラを携えて大阪、京都、名古屋を巡り、綿密な住居データを採集、記録した。フィールドワークによって、庶民の生活方式のあらゆる面を把握しようとする彼のスケッチには、考現学的思考も垣間見えて面白い。戦前から戦後の住宅難の時代にかけて、実地調査の範囲は、民家、町家、農家、長屋住宅、借家建築など多種にわたる。展示される「住み方調査」の原簿と集計データ、日記やスケッチ等の膨大な記録を見ると、彼が庶民の生活様式を把握していかに実証的な研究を行おうとしていたかがわかる。その克明な記録の山は驚くほど細かく分類され、体系化されてもいる。パソコンなどない時代、彼の手書き記録の迫力に圧倒される。一時は漫画家を目指したほどの腕をもつ西山のこと、そのスケッチの技量にも唸らされる。本展では、彼が描いた調査対象の建物図面を鑑賞者がめくって見ることができるように展示が工夫されている。なにより、住居改善に携わった彼の研究態度の根底には社会主義思想があり、それがこれほどまでの精力的な活動の原動力になったことを思うと、感動を覚える。[竹内有子]

2017/07/01(土)(SYNK)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00040527.json l 10137620

2017年08月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ