2018年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

《弘前市斎場》《黒石ほるぷ子ども館》

2017年09月15日号

[青森県]

青森の建築家、佐々木弘男の案内でいくつかの建築をまわる。まず弘前でまだ訪れていなかった前川國男の斎場へ。ちょうど使われている最中で、あいにく内部は見学できないタイミングだったが、正面の車寄せから奥に向かって伸びる大屋根をもつ、火葬棟の外観がシンボリックである。内部についてはまた別の機会に。ともあれ、モダニズムの前川建築としては、めずらしく宗教的な象徴性をおびた表情かもしれない。また陸屋根の待合棟とつなぐガラスの渡り廊下と周囲の庭も印象的だった。
続いて、菊竹清訓が設計した《黒石ほるぷ子ども館》へ。これも休日のために、閉館中であり、窓から内部をのぞくことになった。単純な切妻の屋根をもち、ほとんど住宅の規模で小さいけれど、メタボリズム的なシステマチックなデザインを試みた木造建築は好感がもてる。子供図書館ゆえの遊び心のある細部の工夫も効いている。後期の菊竹建築はやや大味という印象だが、これは繊細さが感じられる。また近くに興味深い温泉建築もあった。

写真:左上3枚=《弘前市斎場》 右下3枚=《黒石ほるぷ子ども館》

2017/08/06(日)(五十嵐太郎)

2017年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ