2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

artscapeレビュー

《和歌の浦アート・キューブ》《和歌山県庁舎》《和歌山県庁南別館》《和歌山県民文化会館》

2017年09月15日号

[和歌山県]

和歌山へ。下吹越武人が手がけた《和歌の浦アート・キューブ》は、海沿いの不老橋(江戸期の石造のアーチ橋)を渡った先に建つ。敷地に大きなヴォリュームひとつ置くのではなく、さまざまなサイズのキューブを分散させ、それらをブリッジでつなぎ、回遊性を与える。空中の立体的な路地のほか、キューブの隙間、銅板のテクスチャーなど、心地よい空間体験をもたらす。もっと人通りが多い場所ならば、さらにアクティビティが増すだろうが、あいにく海辺であり、そのぶん2階のカフェからの眺めはよい。
市内に戻り、内田祥三らによる《和歌山県庁舎》と、道路を挟んで高松伸らの《和歌山県庁南別館》《和歌山県民文化会館》などをまわる。1930年代、70年代、2000年代と異なる時代の建築が並ぶ風景は興味深い。それにしても、市庁舎やミュージアムも近くに集中しており、見事にお城のまわりに主要な公共建築がかたまっている。

写真:上2枚=《和歌の浦アート・キューブ》 中2枚=《和歌山県庁南別館》 左下=《和歌山県庁舎》 右下=《和歌山県民文化会館》

2017/07/28(金)(五十嵐太郎)

2017年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ