2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

リボーンアート・フェスティバル2017 その4(鮎川エリア)

2017年09月15日号

会期:2017/07/22~2017/09/10

宮城県石巻市ほか[宮城県]

半島先端の鮎川エリアでは、金華山を望む展望台の草間作品に寄って、お寺にある岩井優の作品へ。半島で投棄されたものを集めて、ドーム群にかけるのだが、廃品はもちろん、殺された鹿の死骸や皮があちこちに。しかも頭だけ残った骨格や脚の断片などである。時間をかけて制作した凄みがにじみ出るが、他の芸術祭では実現しづらい作品だろう。コバルト荘跡地には、宮島達男と増田セバスチャンがある。前者はおなじみのデジタル・カウンター群だが、風景に開く試みに挑戦する。今後も発展する予定であり、現状が完成形ではないが、侵入する外光の調整が難しそうだった。後者は浜に降りる途中に、あっけにとられるようなかわいい要素に埋め尽くされたツリーハウスをつくる。幸い快晴だったが、雨の日の半島無鑑賞は辛そうだ。結局、時間切れで街に引き返したが、評判がよかった島袋道浩、パルコ木下、コンタクト・ゴンゾらの作品を見逃した。

写真:上2枚=岩井優《ダンパリウム》 中2枚=宮島達男《時の海-東北》 下2枚=増田セバスチャン《あっちとこっち #東北》

2017/07/26(水)(五十嵐太郎)

2017年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ