2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

リボーンアート・フェスティバル2017 その3(牡鹿ビレッジ)

2017年09月15日号

会期:2017/07/22~2017/09/10

宮城県石巻市ほか[宮城県]

牡鹿ビレッジでは、フジワラボによる食堂(参道を意識した変形バタフライ屋根に大開口)、大小のとんがり屋根が並ぶトイレがつくられた。広場はワークショップや各種の企業の協賛を得て、かつての村の中心地に実現したものだという。リボーンは、ぎりぎりまでプログラムが確定しないなか、臨機応変に状況に合わせて調整するプロジェクトだ。ここから歩いていく灯台への道では、鈴木康広によるジッパーのかたちをした足こぎボート、ブルース・ナウマンによる音の作品。そして秘境のような貝殻の入江に、今回のメインビジュアルになった名和晃平の大きな鹿の作品がたつ。ここは現在、有料ゾーンだが、自然公園の制限ゆえに永久設置とはならず、3年間の期間限定で残るらしい。貝殻の入江では、人工的に掘られた洞窟の内部に、宮永愛子やさわひらきらの作品を設置し、圧倒的な場の迫力を生かす。海を眺めるレストランも新設され、おいしい料理をいただく。快晴だと本当に気持ちがよい。そして名和の作品のまわりでライブも行なわれるという。

写真:上3枚=牡鹿ビレッジ 左中=さわひらき《燈話》 左下=海を眺めるレストラン 右2番目から=鈴木康広《ファスナーの船(足漕ぎボート)》、宮永愛子《海は森からうまれる》、名和晃平《White Deer (Oshika)》

2017/07/26(水)(五十嵐太郎)

2017年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ