2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

リボーンアート・フェスティバル2017 その2(牡鹿半島、桃浦)

2017年09月15日号

会期:2017/07/22~2017/09/10

宮城県石巻市ほか[宮城県]

牡鹿半島へ移動すると、途中で目によるツアー形式の作品のクルマに遭遇した。建物の和室を経由し、見晴らしをよくした改造車に乗って、防潮堤横やがんばろう石巻などの風景を観賞するらしい。なお、半島エリアはあまり多くのクルマが交通できるところではないので、リボーンの巡回バスが定期的に運行しており、それを使いながら、各地の作品を鑑賞することが推奨された。コアハウスのある桃浦へ。風でぱたぱた小さな木板が動き、音が鳴るインフォメーション、ギャレス・ムーアの過去作のほか、墓地の横で古墳に潜るようなchim↑pomの地下冷凍コンテナ。ここで展示されている涙の氷である。ただし、実はベタな被災者のお涙頂戴とはどうも少し違うようで、ある意味で即物的に得られた涙らしい。近くではap bankのサポートによって、研修・宿泊施設の桃浦ビレッジも建設中であり、貝島研やドット・アーキテクツらが設計したものだった。ファブリス・イベールの水がじゃあじゃあ出ている農園は、給水過剰で野菜が本当に育つか心配だが、なんともユーモラスで意外にこういうタイプの屋外作品は見たことがなかった。

写真:左上から=ギャレス・ムーア《数える噴水》、chim↑pom《ひとかけら》入り口、ファブリス・イベール《エキリブリウム(バランスを保つ場所)》 右上2枚=桃浦ビレッジ、右下=インフォメーション

2017/07/26(水)(五十嵐太郎)

2017年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ