2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

artscapeレビュー

《武雄温泉楼門》

2017年09月15日号

[佐賀県]

佐賀にて、辰野金吾+葛西万司が手がけた《武雄温泉楼門》と新館を見学する。バタ臭い近代の様式建築で知られる彼らが、こうした竜宮城的な和風のデザインを手がけていることが興味深い。例えば、新館は複数の千鳥破風と唐破風、花頭窓をシンメトリカルに配し、とても賑やかな外観である。そして入口の楼門をくぐる際に見上げると、なんと折り上げ格天井で思わずのけぞった。ちなみに、佐賀は辰野の故郷である。

写真:上=《武雄温泉楼門》 下=新館

2017/07/16(日)(五十嵐太郎)

2017年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ