2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

《熊本県立装飾古墳館》

2017年09月15日号

[熊本県]

安藤忠雄の《熊本県立装飾古墳館》に向かう。到着してすぐ目に入る駐車場の横のトイレが幾何学的なデザインで、まずカッコいい。建物本体も、円を描くスロープ沿いに、古墳群を眺める展望台と地下の屋外展示(音の回廊としても響きがよい)をつなぎ、まさに空間を歩く体験を楽しめる。こうしたランドスケープと絡む建築は、安藤の腕の見せ所だろう。20世紀の抽象絵画を思わせる古墳内部の装飾を、レプリカの空間再現によって見せる展示の内容も面白い。

写真:左上2枚=《熊本県立装飾古墳館》のスロープ 右下=トイレ 左下=内部展示

2017/07/16(日)(五十嵐太郎)

2017年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ