2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

三好耕三「On the Road Again」

2017年10月15日号

会期:2017/09/05~2017/10/28

PGI[東京都]

展覧会のリーフレットに、三好耕三が「ロード・トリップはメディテーション」と書いている。たしかにアメリカのような、行けども行けども同じような風景が続く道を車で走っていると、次第に頭がボーッとしてきて瞑想的な気分になってくる。しかも、写真家の旅にはこれといった特定の目標はない。いい被写体に出会えればラッキーだが、まったく写真が撮れない日もあるのではないだろうか。そんな「ロード・トリップ」を三好は1970年代から40年以上にわたって続けてきた。むろん楽しみもあるだろうが、やはりどこか「修行」の趣もないわけではない。
それでも長年続けているうちに、三好の撮影旅行のあり方も少しずつ変わりつつある。同じリーフレットに「以前の旅では目的地は副産物だった。近頃は副産物としてではなく、目的を果たすようになって来た」と書いている。今回のPGIでの個展は、以前のようにひたすら「ロード」の写真が並ぶだけでなく、看板、カウボーイハットのショーウインドー、道路脇のカフェの内部なども撮影している。視線の向け方に余裕ができ、画像にもふくらみが感じられる。1999年に刊行された写真集『IN THE ROAD』(Nazraeli Press)の生真面目な写真群と比較すると、その変化がよくわかるだろう。近作は8×10インチの大判カメラでの撮影であるにもかかわらず、どこかスナップショット的な雰囲気すら漂わせているのだ。とはいえ、三好の最近の常用カメラは、8×10よりひと回り大きい16×20インチ判だから、余裕を感じるのは当然かもしれない。
このシリーズはまだ枝分かれしつつ広がっていきそうでもある。「Again and Again and Again. 今日があるのは今日だけだ」。三好の「ロード・トリップ」はさらに続く。

2017/09/22(金)(飯沢耕太郎)

2017年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ