2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会 2017

2017年11月15日号

会期:2017/10/20~2017/10/30

大阪駅・中央北口前 うめきたシップホール[大阪府]

今年のU35の展覧会の公募は、筆者が審査を担当した。悩んだ挙げ句、なるべく、違うタイプの作品を幅広くという方針で選んだ。その結果、社会的、リレーショナル・アーキテクチャー的、建築的、モノ的、アート的という布陣に加え、昨年からのシード組で2人が加わった展示となった。自分で選んだ5組については、ひとりを除いて、すべて実作を見学した。ゆえに、それで作品が面白かった齋藤隆太郎、三井嶺、千種成顕がゴールドメダル候補ではないかとあらかじめ考えていた(酒井亮憲は進行中の教会を出品していたら、有力な候補だった。前嶋章太郎は気持ちがよさそうな住宅だったが、着工前のプロジェクトなので外した)。シンポジウムでは、三井氏が本音を言ったことで、作品の意味がさらに明快になり、ゴールドメダルに決めた。看板建築に対するかなりユニークな補強のリノベーションであり、コンピュータによるデザインと歴史的な思考が複合しつつ、空間よりもあえてモノにこだわる姿勢が、実はとても未来的だった。彼は東大の藤井研(歴史)の出身だが、豊田啓介もそうらしい。

写真:上=齋藤隆太郎 中=三井嶺 下=千種成顕

2017/10/21(土)(五十嵐太郎)

2017年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ