2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

artscapeレビュー

チェコ・キュビスム建築

2017年11月15日号

[チェコ、プラハ]

《黒い聖母の家》ほか、幾つかのチェコ・キュビスムの建築を再訪する。展示でオットー・グートフロイントの彫刻もあるのはよいのだけど、キャプションなどで、キュビスムとの関連をあまり説明していないのは残念だ。とはいえ、ゴチャールやヤナークらの家具をこれだけまとめて見られる場は貴重である。チェコ・キュビスムのデザインは、アールデコの前哨戦のようにも見える。

写真:左上・左中=《黒い聖母の家》 左下=ロンド・キュビスムのアドリア宮 右上=家具の展示 右中=オットー・グートフロイントの彫刻 右下=キュビズムの街灯

2017/09/20(水)(五十嵐太郎)

2017年11月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ