2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

中里和人「Night in Earth」

2018年10月01日号

会期:2018/09/03~2018/09/15

巷房ギャラリー[東京都]

中里和人が東京・銀座のギャラリー巷房の3つのスペース(3階、地下、階段下)全部を使って意欲的な展覧会を開催した。火山列島、日本の海岸線を、夜に月の光で撮影する「Night in Earth」のシリーズは、2016年の同ギャラリーでの個展「惑星 Night in Earth」に続いて2度目だが、今回は撮影範囲が紀伊半島から四国、九州、日本海へと広がり、よりスケールアップした展示になっていた。

会場に掲げられていたコメントによれば、中里は夜の海と岩場を撮影しているうちに「空と陸と海とわたしとが一体化し、自然の中に包摂されてしまう開放感」を味わったのだという。さらにそこには、「地球のはじまりを想起させる惑星としての原風景」が出現していたと続ける。たしかに月の光に照らし出された海岸線の光景には、そんな魔術的な力が備わっているのではないかと納得できるものがあった。階段下のスペースでは、写真と同時に撮影された映像(動画)作品が上映されていたが、これも面白い試みだと思う。むしろ、静止画像と動画を渾然一体とした、体験型のインスタレーションも考えられるのではないだろうか。

なお、展示に合わせて蒼穹舎から同名の写真集も刊行された。この「Night in Earth」のシリーズも一応の区切りを迎えたということだが、まだ終わらせるのはもったいない気がする。撮影場所や視点の取り方を広げていけば、さらなる展開も考えられそうだ。

2018/09/07(飯沢耕太郎)

2018年10月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ