2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

Exhibition as media 2009『drowning room』

2009年12月01日号

twitterでつぶやく

会期:2009/10/31~2009/11/23

神戸アートビレッジセンター[兵庫県]

大﨑のぶゆき、田中朝子、冨倉崇嗣、中川トラヲ、森本絵利によるグループ展。ギャラリーの他、シアター、スタジオ、パブリックスペース、階段、トイレなど、建物を縦横に駆使することで、各作家のパフォーマンスが十二分に発揮された。ギャラリーを応接間に見立てた演出や、展覧会に至るプロセスをドキュメント仕立てで公開したコーナーも斬新だった。アーティスト・イニシアティブの良い面が発揮された訳だが、彼らを支えたキュレーターにも拍手を送りたい。ちなみにタイトルの『drowning room』とは、今回のアーティストに共通する傾向「drown(溺れる、夢中にさせる)」と、「draw(描く)」、そして「drawing room(応接間)」をかけて作られた造語である。

2009/11/1(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00006780.json l 1210622

2009年12月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ